株式会社 小山田工業所
企業概要
会社概要
  沿 革
  会社PR
  許認可事項
  会社組織図
営業品目
スチール事業部
  スポーツ事業部
  不動産事業部
デジタルブック
50周年記念誌
 「夢そして挑戦」
オヤマダエンジニアリング(株)
  全国鐵構工業協会
リクルート
会社案内ダウンロード
お問合せ
プライバシーポリシー
トップページへ
タッチパネル式操作モニター
着火、消化等の操作は視認性の良いタッチパネルにより、行うことが出来ます。
また稼動状況、各種温度データー、アラーム履歴等を記録することで、運転管理をサポートします。

操作モニター画面

運転モニター画面

木質チップについて
●地球に優しい木質バイオマスエネルギー
木質バイオマスエネルギーとは、これまで利用用途の少なかった林地残材、間伐材、枝条、製材端材などの木質材料から取り出されたエネルギーのことをいいます。地球温暖化防止によに寄与すること、地域の林業振興に繋がること、自給可能なエネルギーであることから、導入に向けた取り組みが全国的に広がっております。

木質チップ(製紙用チップ)
●木質チップとは?
木質チップはチッパーと呼ばれる加工機で、木材を切削もしくは粉砕することにより製造されます。燃料コストも安く、チップ製造工場も全国に数多く存在することから、燃料としての利用拡大が望まれています。
●木質チップの含水率について
木質チップ製造工程には乾燥工程を含まないために、チップ工場から出荷されるチップは含水率が高いものが多く、また樹種、季節、保管状態の違いにより大きなばらつきもあります。いわて型チップボイラーはこのような様々な含水率のチップに対応することが出来ます。
※一般的に燃料チップの含水率は次に示す乾量基準含水率で表します。
乾量基準含水率=(木材に含まれている水分重量/木材の絶乾状態の重量)×100(%)